フロー収入とストック収入とは【イラストそれぞれの稼ぎ方】

イラストで稼ぐ

どうもTRAVAです。

 

ネット環境が整った現在、イラストレーターさんの稼ぎ方は様々な形に広がっていますね。

 

その中でも今回は「フロー収入とストック収入」についてまとめていこうと思います。

 

 

スポンサーリンク

フロー収入とは

ではまずそれぞれの稼ぎ方についてまとめておきましょう。

 

フロー収入とはflow(流れ)を指し、流れる⇒「一時的なもの」という形に解釈できます。

 

イラストの稼ぎ方に置き換えて考えると、フロー収入とは「依頼を受注してイラストを作成し収入を得る形」というスタンダードな形のことを指します。

 

イラストの依頼はイラストを作成し納品することで終了、つまり「流れる」ことになります。

 

具体的にはクラウドソーシングサイトなどでの取引もこれにあたりますね。

良ければこちらの記事も参考にしてみてください。

ココナラでイラストを描いて稼ぐ方法【実践編】

 

 

フロー収入のメリット

この収入でのメリットは「早期にまとまった収入を得ることができる」ことに

あるでしょう。

 

イラストの作成により数千円や時には数万円の収入を得られるため、何件も受注できれば大きな収入になることでしょう。

 

フロー収入のデメリット

一方でこの収入のデメリットとすれば、「依頼がなければ収入が得られない」ことに尽きると思います。

 

いくら高額の取引でも、依頼が来なければ収入を得ることができません。

自分自身が人気のイラストレーターになれれば、それでも十分かもしれませんが、そんなイラストレーターさんでも病気やケガ、やむをえず仕事ができない状態になれば収入は激減、時には0になるわけです。

 

 

これはデメリットでありリスクとしても考えられるでしょう。

 

ストック収入とは

ストック収入とはstock(備蓄)して収入を得る方法を指します。

 

イラストでの稼ぎ方で考えると「登録したイラストを買われたら収入が入る」ような形がわかりやすいかと思います。

 

 

具体的には「イラストAC」などがあげられますね。

登録したイラストがダウンロードされるたびに報酬としていくらかを得られます。

 

またブログなどもストック収入の一つに挙げられると思いますので、記事をたくさん書いて、たくさんの方に見てもらうことで収入を得るチャンスが増えていくことになりますね。

 

この記事も参考にしてみてください

イラスト副業のやり方【イラストACは稼げるのか?】

 

ストック収入のメリット

ストック収入のメリットとしては「イラストを作りためていくことで報酬を得る確率、量が増えていく」こと、そして「放置していても収入となりえる、不労所得になりえる」ということでしょう。

 

 

先ほど述べたブログでもイメージがしやすいと思いますが、記事を大量に作ってそれが多くの方に読まれれば記事を放置していても収入が得られることになります。

時には月に何十万円など得ることもできるみたいなので、ロマンのあるシステムだと思います。

 

 

ストック収入のデメリット

一方でこの収入のデメリットといえば「単価が安く、大きな報酬になるまでには時間がかかる」ということでしょう。

 

先ほど紹介した「イラストAC」では一つのダウンロードにつき4円程度の報酬ですので、相当ダウンロードされなければ大きな収入にはなりにくいですね。

 

大量のイラストを登録するには時間もかかりますので、気長に、そして着実に取り組まなければならないのがなかなかもどかしいですね。

 

ちなみにこんな記事もありますので参考までにどうぞ

【公開】イラストACでイラスト約450枚を1年放置した結果稼げるのか

 

 

どちらが稼ぎやすいのか

さて2つの収入についてまとめましたが、ではどちらが稼ぎやすいのでしょうか。

 

 

 

答えはどちらもです。

 

 

2つの収入をバランスよく取り入れていければ、大きな収入につながり、また今後の不労所得にもなりえますので同時に取り組んでいきましょう。

 

 

それでは!

 

 

 

この記事を読んでいただいた方にはこちらもオススメしています

趣味のイラストでお小遣い稼ぎ!ネットで1万円を稼ぐ方法

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました