【イラストメイキング】ガスマスクの少女の描き方

イラスト・ロゴのこと

どうもTRAVAと申します。

 

今回は初めての試みですが、イラストのメイキングをまとめていこうと思います。

 

決してうまいわけではないですが、少しでも皆さんのお役に立てればと思います。

 

 

今回私が作成した作品はこちらです

 

※転用・転載はご遠慮ください

 

一応ガスマスクの少女というタイトルにしています。(←これはどうでもいい)

 

 

これのメイキングをまとめていきます。

スポンサーリンク

下書き

下書きはこれです。↓

私はパソコンでのイラストを作成するときも下書きは基本的にアナログで行います。

これはイラストレーターさんによって大きく分かれるところではあると思いますが、私は断然アナログです。

 

理由は慣れているからですw

 

 

ポージングや構図はいつも悩みますが今回は胸から上をメインに腕は描かずにデザインしました。

 

私のイラストは線をはっきりと描くところが一つの特徴であると思っていますが、下書きの段階でだいたいの線ははっきりと描いていきます。

 

だいたいの形がかたまったらパソコンでの作業に移行します。

 

下書きをスマホで撮影しパソコンに転送!いざデジタルの作成へ

 

 

線画

私が主に使用しているソフトはsai、イラストレーター、フォトショップを使用しています。

 

今回はsaiを使用していきます。(最近saiを使用している人はいるのでしょうか…)

 

 

パソコンでの作成に移りはじめにやることは、線画…ではなく全体のバランス調整。

 

パソコンでの作業だからこそやりやすいことですが、下書きをみて部分的な変形や位置の修正などを行い形をさらに整えていきます。

 

とそこから線画を開始します。

 

下書きでも「線をはっきり」という部分を強調していましたが、線画の時に気を付けていることは

 

・影の部分を一部描いてしまう

・線の太さを一定にせず、ところどころ強弱をつける

 

線を強調するといってもすべて協調するのではなく、強弱をつけることで目立たせる部分やなじませる部分を作っていくことに気を付けています。

 

あと大事なのはレイヤーを反転しながら顔のバランスを確認することも大事です。

 

これはプロのイラストレーターさんも多く話されていますが、人の目の認識は癖があって、実際作成したイラストも反転してみてみると顔のバランスは違って見えることがあります。

 

なので時々反転しつつバランスが整っているか確認するようにしています。

 

配色

 

線画ができたら今度は配色です。

 

配色は塗りつぶしツールで塗っていきます。

 

色の塗り方には本当に様々な種類があると思いますので、機会があれば記事にまとめてみようと思いますが、今回ははっきり目の配色、着色をしていこうと思います。

 

塗りつぶしにて配色されたのがこちら

 

ここから今度は陰影をつけていきます

 

陰影

 

このイラストの陰影は2つのレイヤーに分けて

①濃い影

②薄い影

を塗っていきます。

 

影は乗算のレイヤーを使って塗っていきます。

光のあたる位置を意識しながらもだいたいのイメージで塗っていきます。

そう…だいたいです。

 

陰影をつけた形がこのような状態。

 

 

もう少しという感じです。

 

あとはハイライト(光)をあてていきます。

 

 

ハイライト

 

陰影と同様に今度は光の当たるイメージの部分に白を配色していきます。

これもだいたいかな…と。

 

感覚的に塗っていきます(説明になっていない)

 

 

個人的にはだいたい形になったかなぁと。

 

 

仕上げ

最後は私の好みですが、イラストの周りに「枠」を塗っていきます。

黒で。

 

 

これをするとイラストがまとまるイメージになり、イラスト感がぐっと高まります。

 

ただこれは時と場合によって使い分けたほうがよさそうですね。

 

 

…と枠を付けた形がこちら。

(2回目です)

 

個人的にはいい感じです。

 

 

この辺で完成かなぁ。

 

ということでざっくりではありますが作成したイラストのメイキングをまとめてみました。

 

 

私自身イラストの経験値はまだまだで修行・経験不足の部分が多々ありますので、さらにステップアップしていきたいと思います。

 

 

この記事が少しでも皆さんのお役に立てると幸いです。

 

それでは!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました