イラスト・ロゴデザインに行き詰った時の行動3つ

身体のこと

どうもTRAVAです。

 

この記事を開いていただいたあなたはきっと何かに行き詰っていることでしょう。

 

 

ええ、私もです。

イラストやロゴデザインに普段触れていますが、どうしてもイメージがわかない、思い浮かばないことがあります。

 

 

今回はそんな皆さん(私を含む)に私なりの対処方法、新しい発想に結び付けられるのかを提案していこうと思います。

 

スポンサーリンク

まずは大前提を考えてみる

イラストだけでなく、仕事などでも行き詰まることは皆さん1度や2度はあるかと思います。

 

そんな時に重要となる大前提は「新しい刺激」と「リフレッシュ」であると私は考えています。

 

何事においても行き詰っているということは「脳内での思考が同じ回路で堂々巡りしている状態」または「思考停止している状態」であると思われます。

 

そこから抜け出すために必要なものは先ほども述べた「新しい刺激」と「リフレッシュ」ということです。

 

堂々巡りの脳内には新しい刺激を入れて思考を広げていく、思考停止している脳にはリフレッシュして再スタートする!といった具合ですね。

 

 

ではここからそのための具体的な行動を考えていきましょう。

 

 

街に出かけてみる

2020年9月現在、コロナ禍にある状況ではなかなか難しいことではありますが、新しい刺激を求め、リフレッシュにもなる一番の方法であると思います。

 

 

イラストやロゴデザインに行き詰っている方は特にオススメだと思います。

 

なぜなら街にロゴやイラストは幾千幾万とあり、自然といろいろなロゴを目にすることができるからです。

 

私も街に出かけた際に気になったロゴは写真に残すようにしています。

 

 

…決してパクるわけではありませんよ。

 

 

映画を観る

映画を観ることは新しい価値観や新しい思考を得るためには有効な方法であると思います。

 

映画はそれを作る監督や原作者の思考や発想の塊、完成形であるといえます。

 

それに触れることで自分の視野が広げるきっかけをつかむことができるでしょう。

 

 

 

人と話してみる

これも狭くなってしまった自分の視野を広げるには良いきっかけとなりうるものであると思います。

 

 

他人は多少なりとも自分とは違う思考をしているものです。

 

今であればSNSなどで離れた人ともやり取りができる時代、イラストやロゴについて語ってみることも新しい自分を見つけるきっかけになるのではないでしょうか?

 

 

まとめ

考えてみればいずれも当たり前のことかもしれませんが、「新しい発想をえる」という視点を持ってこれらの行動をしてみると、案外新しい何かが見つかるかもしれません。

 

人間はちょっとしたきっかけで行き詰まることも、またそこから抜け出すこともできるものだと思います。

 

現状で足踏みをしていると感じるあなたはどのような方法で現状を打破しますか?

 

 

皆さんの参考になればと思います。

 

それでは!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました