ロゴの種類について【これから作りたい方向け】

イラスト・ロゴのこと

 

世の中には様々なロゴがありますよね。

商品のロゴや看板、チームのロゴなど、その種類や役割は様々ではあるますが、いずれも「顔や象徴」としての役割を持っていると思います。

 

そんなロゴですが、よく見てみるとロゴにもいくつか種類があり、分類することができます。

 

 

今回はそんなロゴの種類についてまとめていきたいと思います。

 

今後ロゴ作成をしたいと考えている方は参考にしていただけると幸いです。

 

 

スポンサーリンク

文字で構成されたロゴ:ワードマーク、レターマーク

まずは文字のみで構成されたロゴマークをご紹介いたします。

文字のみで構成されたロゴのことを「ロゴタイプ」とも呼びますが、ロゴタイプにも大きく2つに分けることができます。

 

ワードマーク

ワードマークは商品名や企業名、店名などをそのまま起用し、特徴的なレタリングなどでデザインするマークのことを指します。

 

例としてGoogleやコカ・コーラなど特徴なデザインで商品名・企業名を表現しています。

 

こちらは比較的わかりやすく、特徴的で、かつ長すぎない単語からデザインすることで印象的なロゴを作成することができます。

 

 

レターマーク

ワードマークとは違い長すぎる単語を組織名や商品名としている場合、その頭文字などを用いてデザインしたロゴマークです。

 

例としてHP(Hewlett-Packard Company)やHMV(His Master’s Voice)などが挙げられます。

 

企業によってはデザインしたいイニシャルを決めてから会社名を考えるところもあるようです。

 

 

マークで構成されたロゴ:シンボルロゴ

文字で構成されたものとは違い、マークで組織を表現するロゴがシンボルロゴとなります。

 

例としてアップルやTwitterなど主にマークのみで表現されるロゴマークのことです。

 

この種のロゴは主に大企業やブランドなど起用されることが多く世界規模で宣伝・広告する際に「言語を介さなくてもわかるようなロゴ」ということでデザインされることが多いようです。

 

ロゴとマークを組み合わせたロゴ:コンビネーションマーク

 

前述した文字のタイプのロゴとシンボルマークを組み合わせたロゴマークのことを指します。

 

つまりいいとこどりとなります。

 

しかし用途や使い方を決めておかなければ、文字やマークのみがそれぞれ独立してしまうため、どのシーンで組み合わせたロゴ・文字のみ・マークのみと使い分けるかが宣伝する際には重要になると思います。

 

 

またコンビネーションロゴに似ていますが、「エンブレム」という盾などのロゴの中に文字をデザインしたものや、最近ではスポーツやeゲームなどでシンボルとなるキャラクターとチーム名を組み合わせたような「キャラクターロゴ」など、表現は多岐にわたっています。

 

 

まとめ

今回はロゴの種類についてまとめてみました。

 

細かく分けてみるとさらに細かく分けることができるロゴですが、自分や自身の組織がどのように宣伝やアピールをしていきたいかでロゴの種類も検討してみるといいかと思います。

 

 

ちなみに私もロゴデザインを行っていますので、これから作成を検討されている方はぜひコメントをしていただければと思います。

 

 

それでは!

 

 

この記事を読んでいただいた方にはこちらもオススメです

ロゴの作り方を考えてみた【どう依頼する?】

ロゴを作成するコツ紹介【ワードロゴ編】

コメント

  1. […] 詳しく知りたい方はこちらを参照していただければと思いますがまずはあなたが作りたいと思うロゴの形を考えてみましょう。 […]

  2. […] ロゴの種類については以前にも記事を作成しましたのでこちらを参考にしていただければと思いますが、ロゴの種類には… […]

タイトルとURLをコピーしました