「sai」のちょっと便利な機能②

イラスト・ロゴのこと

TRAVAです。

 

今回もペイントソフト「sai」のちょっと便利な機能についてご紹介します。

 

この記事は前にパート1として、

・アナログの下書きや線画から線だけを抽出する機能

・イラストのキャラクターなどに枠を付ける方法

・ペン入れで綺麗に線を描くツール

 

についてご紹介しているので興味のある方はそちらも参考にしてみてください。

 

 

それではパート2を始めましょう。

 

 

スポンサーリンク

綺麗に線を引く方法

前の記事では曲線のツールを用いて線を引く方法とは違い、自身の描く線を「ぶれない線」にする方法です。

 

具体的にはウィンドウ左上からやや中央にある「手ブレ補正」という部分を使います。

 

はじめこの項目の隣には「0」が選択されていると思いますが、この部分を選択すると多くの項目を選択できると思います。

 

この数字が大きければ、自身で引いた線を綺麗に補正してくれるようになります。

 

 

私は用途に合わせて「S-7」項目を選択し補正しながら線を引いております。

 

ぜひ試してみてください!

 

円を描く方法

saiには独立した機能として円を描くツールはありません。

 

しかしちょっとした工夫で円を描くことができます。

 

 

その方法は、

 

①まずはマウスを使います。

②ペン入れレイヤーの「曲線ツール」を使います。

③マウスを動かさないように固定しクリックしたのちキーボードの「Del」ボタンを押します。するとレイヤーが少し回転します。

④この要領でクリック⇒Delを繰り返すことで徐々に回転しながら綺麗な線を引くことができレイヤーを1回転することで円を描くことができます。

 

ポイントはマウスを動かさないことで、私はこの時マウスの下に滑り止めを敷いた状態でこの機能を使っています。

 

グラデーションを付ける方法

最後は着色の機能についてです。

 

着色をする際にグラデーションを付けたいという時に使っていただきたい方法です。

 

といってもグラデーションを付ける方法はいくつかあると思います。

その中でも私が特にロゴ作成などで「きれいにグラデーションをつけたい時」に使う方法をご紹介します。

 

まずその方法についてですが、

①あらかじめグラデーションをつけたいイラストやロゴを作成

②その上に一つレイヤーを作成し、エアブラシツールでちょっと小さめの円や四角などを描く

③エアブラシで描いたものを変形にて拡大しイラストやロゴのグラデーションを付けたい部分にかかるように配置

④選択レイヤーをイラストあるいはロゴのものに選択変更したうえで、「全て選択」⇒レイヤーの「左右反転」「上下反転」などでイラスト・ロゴの部分のみを選択

⑤再度エアブラシで描いたレイヤーを選択したうえで、ウィンドウ左上の「選択」から「選択領域の反転」を選択

⑥レイヤーに描かれているイラストやロゴの部分以外に描かれたところを消すことでイラスト・ロゴの部分だけに綺麗にグラデーションをつけられる

 

 

と結構手順が多いですが、覚えてしまえば結構簡単です。

 

 

まとめ

以上でパート2も終わりになります。

結構自己流での方法もあるので、もっと他にいい方法があればコメントやTwitterなどで教えていただけると嬉しいです。

 

 

それでは!

 

コメント

  1. […] 「sai」のちょっと便利な機能② […]

タイトルとURLをコピーしました