【オフラインで遊べる】PS3/PS4用アドベンチャーゲームソフト「428」がめちゃめちゃ面白い

商品紹介

TRAVAです。

 

 

今回はPS3のおすすめゲームソフトをご紹介します。

 

依頼者

えっ…いまさら?。

と思われる方もいると思いますが、そうです。今更です。

でも私がブログを始めたら、絶対書きたい記事の一つだったので語らせてください!

 

 

…ということで、改めて私がオススメしたいPS3のゲームソフト「428」についてご紹介します。ネタバレは含まれないように紹介するつもりなので安心して読んでいただければと思います。

 

 

(↑PS4版もありますのでチェックしてみてください!)

 

 

 

スポンサーリンク

428ってどんなゲーム?

 

428はサウンドノベルです

正式名称は「428~封鎖された渋谷で~」です。

 

ゲームのジャンルは「サウンドノベル」になります。

 

依頼者

サウンドノベルってなに?

と思われる方もいるかもしれません。

 

サウンドノベルとはアドベンチャーゲームの一種で「やる小説」とイメージしてもらえるといいかと思います。基本的にはテキストを読み進めていくことになりますが、そこに音や画像を合わせて表現されるものになります。

 

ゲームの中ではたくさんの選択肢がちりばめられ、プレイヤーはその選択肢を選択しつつシナリオを進めていく形になります。

 

ストーリー

次にこのソフトのストーリーをざっくりをご紹介します。必要ない方はすっ飛ばしてもらって大丈夫です。

 

 

~ストーリー~

4月28日、午前10時。渋谷中央署の新米刑事加納慎也は、渋谷スクランブル交差点にいた。渋谷管内で女子大生誘拐事件が発生し、犯人は被害者大沢マリアの妹に現金5000万円を持たせるよう指示。加納は先輩刑事の笹山と共に、身代金引き渡し現場に張り込んでいた。配属後、初めての大事件捜査に緊張する加納。
同じ頃、渋谷の元チーマーの初代ヘッド遠藤亜智は、日課のゴミ拾いに精を出していた。渋谷駅前まで来た亜智は、ハチ公前にアタッシュケースを持って佇む少女大沢ひとみと、彼女に向けられた銃口を目撃する。身の危険を察した亜智は、銃を持った杖の男からひとみを守るべく、彼女を連れて渋谷の街を逃走することになる。
事件捜査に奔走する加納。ひとみと行動を共にする内に徐々に事件に関わっていく亜智。二人の青年を中心に、自称敏腕フリーライター御法川実、誘拐被害者の父親でウイルス研究者の大沢賢治、記憶喪失の謎の着ぐるみタマらの物語が複雑に絡みつつ、渋谷の街は騒乱の渦に包まれていく。
やがて、単なる誘拐事件と思われていた裏側に、日本を揺るがす大きな陰謀が隠されていたことが判明し、物語は予想もつかない急展開を遂げていくのであった。                        引用:Wikipedia
とWikipediaの情報をそのまま引用させていただきましたが、サウンドノベルはストーリーが重要な要素になると思いますので、このストーリーで気になった方はやってみる価値があるかと思います。

428の魅力

ストーリーがめちゃくちゃ面白い!

ザックリとしたストーリ―は前項目でご紹介しましたが、428の魅力として1番に挙げられるのはまさにストーリーだと思います。

 

いやーめちゃくちゃ面白い!

 

特に面白い点として

・コミカルな点とシリアスな点がうまいバランスで組み込まれている

・作中にたくさんの伏線がちりばめられて後半に一気に回収される

 

この2点があげられます。

サスペンスやミステリーが好きな人にははまりやすい内容だと思いますが、ただ暗い話ではなく途中途中にあるコミカルな描写やイベントなどが非常におもしろいです。

 

マルチエンディング

このゲームはテキストを読み進めて、途中で発生する選択肢を選択することで様々なエンディングを迎えることになります。もちろんいいエンディングもあればバットなエンディングもあります。

 

さらにこのゲームは1人のキャラクターが主人公ではなく、たくさんのキャラクターの視点でストーリーを進めていくことになるのですが、

 

『一人のキャラクターの選択(行動)が別のキャラクターの運命を左右する』

 

という点がこのゲームのすごく重要な要素になると思います。

 

なので「このバットエンドを回避するためにどの選択肢を選ばなきゃいけないんだ?」と推理していく面白さがあります。

 

 

この選択肢、本当に些細な選択で運命が変わることになるのでこれがまた面白いです。

 

キャラクターがユニーク

作中に登場するキャラクターはまた一人ひとりがしっかりとキャラクターが立っており背景がしっかりと設定されています。

 

それによりキャラクターに感情移入しやすくなり、一見「なんでこんなこうどうするの?」と思う行動でも案外そのキャラクターの背景に原因があったりするのでその点がわかると面白いです。

 

 

ちなみに私が好きなキャラクターは御法川編に登場する磯さんです(サブキャラクターですw)

 

 

クリア後の追加要素がまたヤバい

これはネタバレになりそうなので深くは紹介しませんが、ゲームをクリアした後に追加シナリオのようなものが遊べるようになります。

 

 

この追加シナリオ…めちゃくちゃ感動します。

 

もう一回言わせてください。

 

 

めちゃくちゃ感動します。

 

他にも魅力がいっぱい

他にも紹介しきれない魅力がたくさんあり、主題歌の上木彩矢さんの歌が最高とか途中のTips機能が面白いとか…いろいろありますがこの辺にしておきます。

 

評価

この作品は私が好きなだけでなくたくさんの評価をもらっている作品になります。

 

・日本ゲーム大賞2008

・週刊ファミ通のクロスレビューにて史上9本目の40点満点

・2008年発売ソフトのユーザー満足度ランキングが「メタルギアソリッド4」「テイルズオブヴェスペリア」に次ぐ3位

・2017年6月22日号「週刊ファミ通ゲームジャンル別総選挙 第5回 アドベンチャーゲーム総選挙」で「STEINS;GATE」に次ぐ2位

 

などです。

私の場合、ゲームを買う時なんとなく評価を気にするのですが、その点もこのソフトは高い評価をもらっている作品なので間違いはないかなと思います。

 

 

まとめ

 

今回は個人的にめちゃめちゃはまったゲームについてまとめました。

自宅にこもってゲームしたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

 

最後にもう一度リンクを貼っておきますのでチェックしていただけますと嬉しいです。

 

 

PS3版とPS4版でリンクが異なりますので注意してくださいね。

↑PS3版

↑PS4版

 

 

それでは!

コメント

  1. […] ⇒【オフラインで遊べる】PS3/PS4用ソフト「428」のレビュー […]

  2. […] ⇒【オフラインで遊べる】PS3/PS4用アドベンチャーゲームソフト「428」 […]

タイトルとURLをコピーしました