2020年副業の確定申告の仕方【申告完了した話】

イラストで稼ぐ

TRAVAと申します。

 

今回は初めての確定申告を無事に終えたので、その報告と来年に向けての記録としてこの記事をまとめていきたいと思います。

 

 

まずは私の申告前の状態から簡単にまとめておきます。

 

①2019年の4月からイラスト(クラウドソーシングサイト)を中心に副業を始める

②2019年に所得が20万円をこえて確定申告が必要となる

③確定申告はド素人

④一度試行錯誤し申告書を作成し税務署に確認してもらうも、いろいろと不足していた

 

とこんな感じでした。

 

前の記事に初めて税務署に行った経験をまとめましたのでそちらも参照してください。

初めての確定申告【試行錯誤編】

 

 

さて初めて行った税務署では相談窓口に向かい、何とか苦労して作成した申告書を税理士さんにみてもらいました。

 

 

その時の返答をまとめると

①開業届(個人事業の開業・廃業等の届出書)が必要

②収支内訳書の作成が必要

③申告書の修正が必要

 

とのことでした。

 

①の開業届については税務署用紙をもらいました。ネットでもデータはあるようです。書き方についてもそこまで難しくはないと思いますよ。

 

 

②の収支内訳書もネットで情報を調べつつ、税務署の方から書き方の用紙もいただいたためそちらを参照して作成しました。税理士さんからの助言では

・収入と所得をしっかり書き分けること

・クラウドソーシングサイトの手数料も支出として記載

・別途通信料なども計算し記載することで経費として申告可能

 

とのことでした。

 

これらを元に申告書の作り直しを行いました。

 

 

そしていざ税務署リトライ!

 

 

初めての時は確定申告の相談の窓口でしたが、今回は申告の窓口へ向かいます。

 

 

相談の時は50人近く先に待っている人がいましたが申告窓口の方はわずか2人。

税務署に行った時間帯も違います(1回目は11時頃、2回目は9時頃)が、おそらく相談のほうが待っている方は多いみたいです。

 

 

さて申告の窓口に行ってからはあっさりと申告は進みました。

必要な書類を確認してもらい、ハンコの確認等してもらい終了!

 

一部不足部分もあったようですが意外と許容してもらえました。

あとは納税用の書類をもらって帰りました。

 

 

1回目が結構待ったので2回目も覚悟してましたがそんなこともなく無事に終えることができて一安心でした。

 

 

これで私の初めての確定申告が無事に終了しました。

 

確定申告はしっかり準備しておけばそこまで大変なものではないと感じました。

 

…がまた来年またてんやわんやするんでしょうね…w

 

 

この記録が皆さん、そして来年の自分の役に立てることを祈っています。

 

 

 

それでは!

 

この記事を読まれた方にはこちらもおすすめです

初めての確定申告【試行錯誤編】

コメント

  1. […] ⇒初めての確定申告【申告編】 […]

タイトルとURLをコピーしました